看護師の仕事をして良かった事はやっぱり人の役にたてたと実感できる事です。

看護師の仕事をして良かった事はやっぱり人の役にたてたと実感できる事です。自分も持てる力を使いきって看護するとやりきった感もあるし相手も答えてくれるのでかなり充実した気持ちになります。
悪かった事はこちらが良かれと思ってしたことでも相手にとってはそうでなかったり、相手との意志疎通ができなかった事で看護がうまく提供できなかった時です。自分の存在価値を見失う程です。仕事の割にはお給料が少ないですし、夜勤は年をとるにつれかなりきつくなります。ですが、夜勤をしないとお給料もそれなりになってしまいます。そして、やはり女の世界ですのですごくどろどろしています。巻き込まれないようにするのが精一杯ですし、どんなに気をつけていてもダメな時もあります。40歳12年W

看護師の仕事は体力的にも精神的にも辛い仕事です。日勤、夜勤ともに残業が多く、ワークライフバランスがとれませんでした。一日の大半は病院にいて、家には寝に帰るだけのような生活をしていました。有給も取れず、公休でさえ消化出来ない状況がずっと続いていました。
看護師のの人数も足りず、新人が入ってきてもどんどん辞めていってしまいます。中堅看護師も少なかったため、新人教育と2年目指導、委員会、リーダー、責任者など、どんどん仕事を追加されていました。ストレスが溜まってしまい、ホルモンバランスを崩し、最終的には体調を崩して退職しました。
病院には看護師が辞めないように対策を考えてもらいたかったです。ワークライフバランスがとれる職場なら看護師の辞める人数は減るのではないかと思います。31歳10年W

看護師の仕事をして良かったことは、家族が病気やケガになった時に、看病することに困らないことです。悪かったことは、ちょっとした熱や小さなケガに驚かないので、優しくないと言われたことがあります。愚痴は、医師にわがままな性格の方がいると、看護師は振り回されるので、常識をわきまえて欲しいと思うときがあります。仕事に関する要望は、病院は患者様を安全にケアすることができる人員を採用して欲しいと思います。少ないスタッフで仕事を回していると、疲弊してミスをしたり、人間関係にヒビがはいったりします。患者様には安全で、スタッフには身体的・精神的に負担とならないような職場づくりを望んでいます。子供が幼い若い看護師は、フルで働くことができないため、託児所に子供を預けて仕事をしています。子供の急な体調不良で、託児所が預かってくれない時があり、働けず困る場合があります。45歳24年W ジョブデポ看護師 お祝い金

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!